○万円と●万円の比較

ただ一社から電話が入り、その業者にバイク・クルマを買取してもらおうというモチベーションではなく、最低でも3社以上と交渉を進めていく気持ちが大事です。本当に高い価格で売りたい気持ちがあれば、業者を競合させるという姿勢が大事なのです。

基本的ルールとして、最初にかかってきた電話では査定日を決定しないで、後日こっちから連絡をしますといい、業者のイニシアチブを、こちらのものにします。

バイク・クルマの買い取りのノウハウは、みなさんはすぐに売りたいモチベーションをもっているのでしょうけど、「すぐには売らないモチベーション」なのです。相手は悪徳業者ではありませんが、商売でしている人たちなので、すぐに足元を見られることになります。

焦ってすぐに売りたい気持ちが相手に伝わってしまえば、「そんなに急いで売りたいなら、通常○万円なのですが今すぐ決めてくれるなら●万で買い取りしますよ」というケースがあるかもしれません。 しかし、本当に、●万が他の業者と比較した場合、妥当な金額なのかも分かったものではありません。

クルマ・バイク買い取りは、何事も他の業者と比較してみなければ、妥当な買い取り価格など見えて来ないのです。

○万円と●万を比較しても一体何が見えるというのでしょうか。